ニキビ跡 レーザー治療

ニキビ跡 レーザー治療

/ニキビ跡はレーザー治療で治せる?/
 ニキビ跡がなかなか消えなかったり、治らない場合、クリニックや美容外科でレーザー治療を受ける方法も選択肢としてあります。ただ、レーザー治療と言っても、ニキビ跡のタイプによっては、効果がすぐ期待できるものや、それとは反対に、治療を受けたとしても効果が出るかどうかは半信半疑、といったものも中にはあります。ですので、もしレーザー治療を前向きに考えてる場合でしたら、事前の情報収集は徹底して行ってください。また、ニキビ跡そのものについても、きちんとした知識を得ることも大切です。今悩んでいるニキビ跡がどのタイプに当てはまるのかを判断して、最適なケア方法を選んでいきましょう。

 

/おすすめニキビ跡ケア化粧品ランキング/
 ニキビ跡ケアの基本は、毎日の洗顔と保湿を行って、肌が自然回復する「ターンオーバー(約28日周期)」をしっかりと進めることが大切です。特に乾燥は大敵で、新たなニキビの発生の原因になる、皮脂の過剰分泌を招くので、保湿は念入りに行ってください。ニキビ跡についてご紹介すると、黒ずみやシミなどの色素沈着タイプ、赤みが残る赤みタイプ、クレーターのような凹みが目立つクレータータイプと分けることが出来ます。こちらではニキビ跡ケア専用の化粧品を、値段の安い順のランキングでご紹介しています。洗顔と保湿の正しいやり方だったり、ニキビ跡についての解説がされてるページもありますので、参考にしてみてください♪

ニキビ跡 レーザー ブログ

/ニキビ跡のレーザー治療と口コミ情報/
 ニキビ跡のレーザー治療について調べるなら、実際に治療を受けたことのある方のブログやサイトを覗いてみるのが、最も参考にしやすいと思います。ニキビ跡にも種類があることを上でお伝えしていましたが、レーザーについても、かなりの数の種類があり、どれを選ぶかによって費用や効果の出具合も違ってきます。傷や跡の具合が比較的軽いシミや黒ずみの除去だったり、逆に深刻なクレーターを治す際のレーザー治療では、肌への負荷のかかり方だったり、治療期間も全く違ってきます。少しずつで良いので、まずはレーザー治療についての知識を身につけて行って下さい。

 

/レーザー治療の基本的な考え方/
 レーザー治療のその仕組みについて、少しご紹介してみたいと思います。レーザー治療は、黒ずみの元となるメラニンが含まれた細胞を、熱や光で破壊することを意味しています。黒ずみがかなり肌の深い部分に及んでいる場合には、当然強い出力が必要になりますし、その分肌への負担(負荷)も強くなります。クレーター型の場合なら、その負荷の具合も大きくなり、凹んだ部分そのものを焼ききって、肌の自然回復を図る治療になります(出血や痛みを伴い、施術跡は顔にガーゼを貼っておく必要が出てきます)。レーザー治療の大元になるのは、肌に少し強い負荷をかけて、自然回復する力を強めたり後押しするという考え方です。それなりのリスクも伴いますので、実際に治療を受けるかどうかは、慎重に判断してください。

ニキビ跡 レーザー 失敗

/ニキビ跡のレーザー治療で失敗はあるの?/
 レーザー治療を受けた場合、施術後には必ずダウンタイムと言って、破壊された肌細胞が再生するまでの期間があります。この間は、肌が赤くなり、強い日焼けをして腫れたような状態が続きますが、やがてかさぶたが出来てはがれると、新しい肌が出来上がります。このダウンタイムの間、治療を受ける前よりも、もっと悪化しているような見栄えに、悩む方もいらっしゃるようですので(失敗だと勘違いしてしまう)、どんな回復の経過をたどるのかを、きちんと理解しておく必要があります。
 クレータータイプのニキビ跡に悩んでいて、レーザー治療を受けた人の中には、「やらないよりはやった方が良かったです。」って感想も少なくないようです。

 

/選ぶのは最後の手段にした方がいい?/
 失敗するかも?って最初不安になる気持ちは、誰にでもあります。ただそれは、事前の知れる情報が不足しているだけかもしれません。最初受けたレーザーでは効果があまりあがらず、何回か試して別のレーザー治療を受けたら、最後、満足する結果が得られた、という方もいらっしゃいます。この場合、最初に選んだ治療でかかってしまった費用が、勿体無いようにも思えますが、肌の状態をよくしていくための必要経費だった、と考えることも出来ると思います。それなりの時間と費用がレーザー治療にはかかります。その分、どんな副作用やリスクがあるのかも確認してみてください。
 最初は、上で紹介したような化粧品を使ってみて、比較的長い期間(3ヶ月単位)で様子を見てみる。それでもなかなか改善しないようなら、レーザー治療を考えてみる。こういう流れでケアを続けてみて、お肌の回復を図ってみてください。

 

新たなニキビを作らないことも大切なポイントです
↓ ↓ ↓ ↓
page top