ニキビ跡を消す方法

ニキビ跡 赤み 消す 即効

/即効で赤いニキビ跡を消すには?/
 赤みがかって見えるニキビ跡を消す場合、正しい治し方をまず選ぶ必要があります。というのも、赤く見える場合は、そのニキビ跡の原因や症状が、場合によっては違ってくるからです。赤いニキビ跡の場合は、主に2つの理由が考えられます。一つ目が、肌の奥でまだ炎症が続いている場合。この場合はまず炎症を止めるために、ニキビ治療薬を使います。二つ目は、炎症は治まっているのに赤く見えている場合。これは、ニキビによるダメージで奥の毛細血管が傷つけられ、赤い色素が浮かび上げって見えてる状態のものです。この場合は、肌のターンオーバーが進めば自然と薄れていきますので、洗顔と保湿を毎日こまめに続けてください。

 

/おすすめニキビ跡専用ケア化粧品ランキング/
 ニキビ跡のケアには、毎日のニキビケア(洗顔と保湿)が欠かせません。こちらでは、比較的手ごろな値段で選べるニキビ跡専用の化粧品を、価格の安い順でご紹介しています。正しい洗顔と保湿の方法や、予防の考え方が説明されてるところもありますので、参考にしてみてください。ニキビ跡を予防するためには、とにかく新しいニキビを作らないことです。ニキビ跡を消すには、肌のターンオーバーが必要ですが、それが進むにはそれなりの時間もかかるため、即効性をすぐには期待せず、焦らずに毎日続けられるケアをしていきましょう。

ニキビ跡 消す 市販

/ニキビ跡を消す市販の薬はあるの?/
 一度出来てしまうとなかなか消すのが難しいニキビ跡ですが、よくある間違いの中に、ニキビ治療薬を使ってしまう方が少なくないようです。治療薬自体は、ニキビを悪化させる原因のアクネ菌を殺菌する作用がありますが、炎症自体が治まった状態のニキビ跡に塗っても、効果は期待できません(奥で炎症が続いている赤みタイプのニキビ跡は別です)。逆に、かえって肌荒れや乾燥の原因にもなってしまいますので、お肌の回復を遅らせてしまう原因にもなりかねません。色素沈着などの黒ずみが残っている時は、焦らず洗顔と保湿を続けていきましょう。肌のターンオーバーが進めば、早くて約一ヶ月位で薄く目立たなくなっていきます。

 

/ニキビ跡を消す一番の方法って?/
 ニキビ跡を消す一番の方法は、お肌の自然回復機能であるターンオーバーを進めてあげることです。その為には、よいお肌の環境を整えてあげること、軽い運動などでストレスを避け体の代謝をよくする、そして十分な睡眠を摂ってあげることが一番効果が期待できます。お肌の回復は、夜寝ている時間に一番よく働くと言われています。赤みタイプを治療薬を使って消す場合は、夜寝る前の使用が効果的です。その場合は、洗顔してしっかり保湿を行った後で、薬を塗ってください。髪の長い方は、直接髪がニキビ部分にかからないように束ねるなどします。また治してる間は、日中の紫外線にも注意が必要です。紫外線は、黒ずみの原因になるメラニンを発生させます。

ニキビ跡消す方法簡単

/そもそもニキビ跡って何?/
 ニキビが出来て治った後に残ってしまうニキビ跡。実はこのニキビ跡にも、幾つかのタイプがあります。ぱっと見るだけである程度判断が出来ますので、少しご紹介してみたいと思います。1つ目が、黒ずみ・シミなどの色素沈着タイプ。これは、ニキビによるダメージで出来た黒いメラニン色素が、肌表面に浮かび上がっている状態のものです。このタイプの場合は、洗顔と保湿のケアを毎日繰り返しながら、肌のターンオーバーを進めることが対処法になります。肌のターンオーバーは約28日周期とも言われますので、焦らずじっくりニキビケアをしていきましょう。

 

/ニキビ跡を消す方法と対処法/
 2つ目は、赤みが残った状態の赤みタイプのニキビ跡です。これは、肌表面の腫れや膨らみが治まったものの、まだ肌の奥で炎症が続いてる状態のものです。この場合は、まず炎症を止めることが先決です。市販されてる、ニキビ治療薬などを使ってアクネ菌の殺菌しながら、洗顔と保湿でお肌の回復を図っていきましょう。3つ目は傷跡だったり凹みが残ってしまうクレータータイプ。この場合は、まずお肌の水分を取り戻してあげることが大切です。化粧水や乳液を使って念入りに保湿をしてください。他にも、セラミドやヒアルロン酸、ビタミンCを含んだ美容液などを利用するのも良い方法です。ヒアルロン酸には、肌のハリや膨らみを戻す働き、ビタミンCには、コラーゲン生成を助ける(酵素の働きを活性化)効果があります。

page top