ニキビ跡 治療

ニキビ跡 治療法

/ニキビ跡を治す効果的な治療法って?/
 ニキビ跡がなかなかとれなくて、悩んでいる方も少なくないと思います。ニキビの炎症が止まり治り始めても、新しく肌細胞が生まれ変わるには、それなりの時間もかかります。ここでいうニキビ跡ですが、実は見た目によって幾つかのタイプに分かれてきます。ニキビ跡の治療法を選ぶ時には、まずそれがどのタイプにあてはまるのかを知って、その上で、最適な治療法を選ぶ必要があります。例えば赤みがあるニキビ跡であれば、肌の奥でニキビによる炎症が続いてる状態なので、ニキビ専用の治療薬を使って炎症を止めて、アクネ菌の繁殖を防ぐことから始めていきます。

 

/ニキビ跡におすすめの人気化粧品ランキング/
 どのタイプのニキビ跡でも、跡を目立たなくしていくためには、肌の環境を整えて、肌のターンオーバー(お肌の生まれ変わり)がきちんと行われるようにすることです。その為には、毎日の洗顔と保湿、それから十分な睡眠が欠かせません。こちらでは、そんな毎日使える、ニキビ跡専用のケア化粧品をご紹介しています。試しやすい価格の安い順のランキングになっていますので、参考にしてみてください。他にも、洗顔と保湿の正しいやり方や、ニキビ予防で出来ることなどの詳しい説明があるページもありますので、チェックしてみてください(≧v≦;)

ニキビ跡 治療 有名

/ニキビ跡治療に一番必要なこととは?/
 ニキビ跡をよくしていくためには、毎日のスキンケアだったりニキビ予防ケアが欠かせません。お肌には本来、新しく細胞が生まれ変わっていくチカラが備わっていますが、それが何らかの理由で阻害されてしまうと、ニキビ跡の治りも思うようにいかなくなります。毎日念入りに洗顔と保湿を繰り返すことももちろん大切ですが、その他にも、適度な運動でストレスを避けて体の代謝をよくする、日中の紫外線を避ける、そしてしっかりとした睡眠を摂るなど、普段の生活の中でも出来ることは多くあります。特に、何度もニキビが出来たりを繰り返してしまう場合には、普段の生活スタイルを見直すのことが、改善への近道です。

 

/有名なレーザー治療って何するの?/
 ニキビ跡を治すのに、よく知られているのがレーザーでの治療です。これは、ニキビ跡の出来ている部分の細胞を、光や熱で壊すことによって、本来のお肌が持っている自己治癒力を押し上げる治療法です。細胞自体を破壊していくことになるため、その分、お肌への負荷やダメージが出るという一定のリスクは伴います。黒ずみやシミなどの色素沈着タイプのニキビ跡であれば、比較的軽い副作用(出血はありますが痛みはほとんどありません)で済みますが、クレーター型の凹んだニキビ跡を治す場合には、かなり大掛かりな治療期間と負荷がかかると考えてください。凹んだニキビ跡の治療の場合だと、赤みや日焼けの時のような痛みを伴って、1週間くらいガーゼを肌に貼ったままでいる必要があります(ダウンタイムと言われる肌が再生するまでの期間)。

ニキビ跡 治療費

/気になるニキビ跡の治療費/
 ニキビ跡を皮膚科・美容外科などのクリニックで治療する場合、気になるのがお値段の部分だと思います。まず最初に、「ニキビ治療」と「ニキビ跡治療」では、保険が適用されるされないの違いがあります。保険適用出来る場合なら、自己負担を3割に抑えることが出来ますので、比較的安くなります。ニキビそのものの治療であれば、皮膚炎の治療でもあるとも言えるので保険適用、一方でシミや黒ずみなどのニキビ跡を除去する場合には、一般的には保険は適用されないと考えてください。
 皮膚科で治療を受けた場合の費用についてですが、これは大体1回につき5000円程度です。処方される薬(内服薬や外用薬)代も含めての費用です。ニキビ跡の治療を皮膚科で受ける場合には、これよりももう少し費用がかかってきます。ケミカルピーリングの場合なら大体1万〜2万円程度です。

 

/レーザー治療でかかる費用はどれ位?/
 レーザー治療を美容外科などで受ける場合、先ほどの皮膚科でのニキビ跡治療よりも、かなり高額になってきます。レーザー治療の場合は、数回に分けて何度か通院を繰り返しながら、ある程度の長い期間、施術を受けていく形です。施術1回につき、安くても1万円以上はかかりますので、期間も長くなればそれだけ費用も高くなります。また、レーザー治療と言っても、使う機器やレーザーの種類もかなりの数があるため、どのレーザー治療を選ぶかでも費用は変わってきます。治したいニキビ跡の具合や症状の重さによっては、より強い高出力なレーザーを使うことになるので、その分費用が高くなる傾向があります。

page top